毎年8月16日午後8時、京都の大文字の送り火と時を合わせて、和気町の観音山に「和」の火文字が点火されます。河川敷に観客席が設けられ、各種アトラクションも開かれます。
和文字の点火前には、会場の照明は屋台も含めてすべて消されます。夏の夜の闇の中、「和」の文字が少しずつ現れていく様は、厳かな儀式のようでもあり、にぎやかな会場もこのときばかりは静まり返ります。 和文字が完全に浮かび上がると、今度は千数百発の花火が和気の夜空に打ち上げられ、炎の祭典は最高潮に達します。
「和」とは、それは「和気町」の「和」の字を表すとともに、 「大文字」の火文字とあわせ「大和(やまと)」をも意味しています。
和文字焼きまつり公式フェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/wamonjiyaki.jp